『健康のためのダイエットステーション』

ダイエット成功への処方箋

1日3食???

いつも、ブログをご覧にいただき、ありがとうございます!!

お盆が終わり、夏も残暑も含めて後半戦に入りましたね。体調管理には、これからも十分気をつけましょう。

 

さて、今回は、食事の回数についてです。

一日3食ということが一般的であり、朝昼晩、食事を摂ることが推奨されています。

私も、この流れを汲んで食事をしています。

 

ただ意識しているのは、週単位、一日単位での食事の量をコントロールしています。

私は、仕事量、運動量も一定でなく、その日によって変動しているので、今日トレーニングを頑張ったなら、食事量を増やして、少ない日には、食事量を減らして、摂りすぎ無いように注意をしています。

 

人は生活リズムも違うし、もちろん、代謝活動も変わるので、一概に一まとめにするのは違う気がしますし、と言ってあまりにも、食事量を増やしてカロリーを摂取すると、身体に負担がかかります。

 

今回は1つご紹介。

ちょっと食べすぎたなーっと、思った時に私が実践する食事方法があります。

 

朝ご飯を抜き、水分のみとる方法です。

 

これには理由があり、人の身体は、「排泄」→「消化」→「吸収」というサイクルがあります。「排泄」の時間帯は、午前中なのです。

その時間に食事を摂ると、排泄のシステムがうまく働かず便秘気味なったりします。そのため、水分のみにする事で、内臓への負担を軽くしてあげます。

 

この方法では身体のサイクルが整い、一日のカロリーオーバーを防ぎ、代謝リズムも回復してダルさがなくなり、身体が動きやすくなります。

少し、お盆期間中に食べすぎたと感じた方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

3食が良いとか、悪いとかではありませんが、一つ参考にしてみてください。

食事は日々のことなので、なんとなく、同じ習慣を続けたくなりますが、数日、思い切って変えてみてはいかがでしょうか。

食べないという選択肢もありだと思います。

 

ただなんとなくではなく、計画的に!!!

 

今回はここまでです!

 

ありがとうございました!!!