『健康のためのダイエットステーション』

ダイエット成功への処方箋

お腹の脂肪を減らすには!①

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

疲労が溜まった時は、とにかく寝てみる!

もちろん、夜に寝ることができれば良いですが、睡眠不足ならお昼寝もオススメです。

昼寝の目安は、5分から30分がオススメ!

これでかなりスッキリしますよ。

 

では今回は、お腹の脂肪をうまく減らすにはどうすれば良いのか、私の考えをお伝えします。

 

体脂肪は、何のためにあるのでしょうか?

 

エネルギーとして、消費しきれなかった栄養を万が一のために、貯蔵しており、人が生存するためには必要な物質です。

また他の働きとして、内臓を守ってくれたり、体温調整にも役立に立っています。

ただ増えると、筋肉と比べても体積が大きく、体重増や人が活動する時に邪魔になります。

そうなると関節や内臓にも負担がかかってしまいます。

 

では、皆さんが運動をすると、すぐ脂肪は使われるのでしょうか。

 

実はすぐには使われません。

先程もお伝えしましたが、万が一のために使われます。

 

体内の糖質が優先的に使われて、その後に脂質が使われます。それには20分程かかると言われています。

 

そしてもう一つ、みなさん、お尻やお腹を触ってみてください。意外にヒンヤリしていませんか?

皆さん、牛肉の油身をイメージしてください。油身は冷たくて、一度火がつくと、熱(エネルギー)を発生して燃えます。

みなさんの体脂肪も、火が付くと燃えます。

 

以上のことから、二つのことが考えられます。

①万が一の時=お腹が減っている時。

②身体を動かして、内から熱を生んでいる時。

この2つです。

 

今回は、ここまでです。

次回は、この続きをさせていただきます。

 

お楽しみに!!

 

ありがとうございました!!