ダイエットのためのスクワットの足の幅は?

いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

みなさん、だんだんと、春の足音が聞こえてきた今日この頃。

車の自動運転が、ある街で試運転として、実施されてました。

10年前にはスマートフォンが、こんなに普及するとは思ってませんでしたが、自動運転も当たり前になるんでしょうね。

自分も成長していかないと、いけないなぁーと、思う今日このごろ。。

 

まぁ、今の私の出来ることは、ダイエットを通じて、少しでも幸せな人を増やすことです。

では、今日はスクワットについてお伝えします。

 

筋トレの王様は?

 

おそらく、ベンチプレス、スクワット、デットリフトが挙げられますが、さらにこの中からとなると、スクワットではないでしょうか。

 

このブログでも紹介させてもらっていますが、スクワットをする時の足幅は、どれくらいが適正なんでしょうか?という質問をよく聞きますね。

 

私はいろいろ!っと、答えていた時もありますが、今は違います。

 

スクワットは、太もも、お尻をメインに体幹を含めた全身運動です。

 

多くの筋肉を動員させて、安全に行うことができるかがポイントになります。

 

そのためには、

 

『ワイドスタンスのスクワット』

 

を行うことが効果的です。

 

肩幅くらいに開いて、もちろん、膝が中に入らないようにすること、背中は曲がりすぎず、反りすぎずと、お腹に力を入れて、腰を落としていきます。

そうすることで、太ももだけでなく、内転筋群、臀筋群を動員させましょう!

 

この姿勢では、腰を深く下ろすことができ、上半身も安定させやすいので、安全も確保できます。

 

ただ、こればかりをやれば、ダイエットがうまくいくかというと、このトレーニングでついた筋肉をいかに、普段の生活で使っていくのかということが、めちゃ大事です!!

 

正確なスクワットを身につけ、代謝を上げて、歩き方を気をつけて、身体のための健康的なダイエットを実践しましょう!

 

では、以上となります!

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!!!