ダイエットのためのランニング方法!

本日も、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

前回、ランニングについて書きましたが、今回はその続きです。

その内容は、ゆっくり走ることにが、ダイエットには良いと書いたのですが、今回は、走り方についてお伝えしたいと思います。

 

なかなかわかりづらい部分もあるかもしれませんが、ダイエットの参考になれば嬉しいです。

 

これまで、他のテーマで述べたことを合体させる感じになりますが、3つのポイントがあります。

 

1.肩甲骨が動いているか。

 

2.骨盤は動いているか。

 

3.お腹に力が入ってるか。

 

の3つのポイントです。

 

ランニング時には、この3つのことを意識しながら走ることをオススメします。

 

肩甲骨を動かすと、それと連動して骨盤も動きます。そのため、腕を大きく動かすことで、足がしっかり動きやすくなります。

 

また、足を大きく出すことで、骨盤が前後に動いて、身体に捻じれが起きて、お腹周りの筋肉をしっかり使ってくれます。

(私も、この前、しっかりランニングしたら、次の日、脇腹が筋肉痛。。)

 

ただここで、大丈夫なことは、お腹に『力』を入れることですね。

それが、身体に安定感をもたらして、運動効果アップ、怪我の予防にもつながります。

 

これは、ダイエットにかかわらず、本気でランニングする方にも当てはまりますよー。

 

走ると、本能的に省エネ傾向に陥ってしまって、動きが小さくなります。何時間も走りたいのであればいいのですが、短い時間で効果を出したいのであれば、本来の人間の動きを最大限に生かして、たくさん動くことで、消費カロリーをあげて、ダイエットを成功に導きましょう!

 

適切なランニングやウォーキングは、本当に身体にとってプラスの効果がたくさんあります。

人の身体は、走るためにできているので、脳にもいい影響を与えてくれると言われています。

 

ぜひ、身体に良いランニングをして、幸せになりましょう!

 

今回も長いブログを読んでいただきありがとうございました!

 

f:id:freedom-d-freedom:20180214112506j:image