ダイエットに必要な腸内環境の整備!便秘解消にむけて!!

本日も、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

一時の寒さが少し緩んだような気がします。

お昼間は、日が出照れば、少し気持ち良いですよね。

 

それでは、今回は腸内環境環境についておつたえします。

便秘と聞くと、女性でも、男性でも多くいるのではないでしょうか。

腸内環境が悪いと、身体のだるさを感じたり、疲れやすかったりします。まて、食べたものの排出がないために、体重と増えてしまいます。

 

生活習慣や食事内容などが原因で起こるものですが、今回は、一つ簡単に実践できる方法をお伝えしますね。

 

 

ちょっと難しい話ですが、

腸や胃などの内臓をコントロールしているのは、副交感神経と呼ばれるものです。

(対局にあるものは、交換神経と言います)

 

この副交感神経の機能を使って上げることが、腸内環境を整備し、便秘の解消に影響します。

食事をした後、消化吸収を手伝うために、副交感神経が優位になり、眠たくなるのはそのためですね。

 

そして、この神経に働いてもらいたいタイミングは、睡眠の時間です。

 

 

睡眠についてのNG行動は、いくつかあります。

 

睡眠時間が短い。

寝る直前に、食事をする。

直前に、お風呂に入ってしまう。

油物や糖質を食べ過ぎてしまう。

直前まで、スマホやパソコンを見ている。

 

・・・。

 

私も、自分でお伝えしながらも、よくやってしまう行動ですね。

 

これらの行動の理由は、今回は割愛しますが、また別の機会にお伝えします。

 

さて、寝る前に、あることをやっていただきたいのですが。

 

 

それは、『腹式呼吸法』です!

 これを寝る前に3分行うことで、副交感神経を優位にして、内臓に働きかけていきます。

 

方法をお伝えします。

・上を向いて寝ます。

・3秒〜5秒かけて鼻からゆっくり息を吸います。

・その空気は全て、お腹に入れていきます。

・5秒〜7秒かけて、口から吐き出します。

・これを10回ほど繰り返します。

・リラックスしながら行いましょう。

 以上となります。

 

簡単でしょ?

 

この習慣をつけることで、良い睡眠がとれ、内臓器官にも良い影響を与えて、腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

 

では、今回はここまでです。

良いクリスマスイヴをお過ごしください。

 

f:id:freedom-d-freedom:20171224103958j:image