お腹を引き締めるポイント。

 

本日も、ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

先日、毎年恒例の一年を表した文字として「北」と発表がありました。

大きな理由としては、日本近海に向けたミサイルを発射した国に関わる事柄が多かったということです。

 

来年はもう少し、明るい「文字」なることを祈るばかりですね。

 

皆さんの今年一文字は何だったのでしょうか?

 

 

 

それでは話をダイエットに移していきますね。

私は指導を行う際に、お腹のトレーニングをする機会があります。(90%くらいの方で。)

その際に腹筋運動の回数について、よく聞かれます。

 

以前にも、このブログでは腹筋について紹介していますので、そちらもご覧ください。

 

今回は、効果を感じられなくなった時の次のステップとなります!

 

例えば、自重で行うトランクカール(よくみる腹筋運動)であれば、フィットネスクラブであれば、一般的に20回とか30回とか実施しているのではないでしょうか。

 

大きな間違いではありませんが、基本的に筋力トレーニングは、オールアウトまで実施することがポイントです。

 

オールアウトとは、もう限界まで行い、それ以上その動作ができない状態ですね。

 

最初は、効果があったが、今は、腹筋をしても効果を感じないという方は、回数の設定を間違えてしまい、回数をこなすことが目的となってしまってるのです。

 

そのため、腹筋トレーニングの際は、少し自分が無理だなぁ〜と感じる設定で行うことがが大切です。

 

いつも、20回くらいしている方であれば、私は50回を目標にして行っていただきます。

50回できる人が20%、40回できる人が40%、30回できる人30%、その他10%です。

*私の経験値からの考えです。

 

ほとんどの方が、自分で体力をセーブしているために、必要な筋肉への刺激が少なく、効果を出すことができていません。

 

これは、他の筋肉でも言えることかもしれませんが、高回数で行う腹筋には、一番見られるのではないでしょうか。

 

今の設定回数より、10〜20回くらい回数を設定してみてください。

カッコいい腹筋を手に入れるためにも、頑張りましょう!!

 

今日も、ありがとうございました。

f:id:freedom-d-freedom:20171218005526j:plain