摂りすぎに注意すべき、油とは!

本日も、ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

昨日に引き続き、油についてお伝えさせていただきます。

昨日は、良質な油ということで、お伝えしましたが、次は、悪質な油をお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

 

といっても、多くの食品に使用されているため、全てを避けるわけにはいきませんので、

理解してちょっと意識していただけると、ありがたいと思います。

 

では、その油とは、「トランス脂肪酸」と言われるものです。

 

油は油なのですが、人工的に加工された油で、マーガリンやショートニング、お菓子、マヨネーズ等に入っているといわれています。

 

海外では規制が厳しくなっており、日本は少し遅れているそうです。

 

では、この「トランス脂肪酸」を、摂取しすぎると何が起こるかというと良質な油は、細胞の形成に役立ちますが、反対に細胞膜の破壊するといわれています。

また、動脈硬化の原因やガンの発生率が上がるという発表があります。

 

これだけ聞くとかなり恐ろしい油ということです。

 

あのマーガリンの、べたーっと、お皿に付いている状態が、血管の中でも起こっているんでしょうね。

 

では、なぜそんな油が世に出回っているんでしょうか。

 

大きな要因としては、「安い」が一番ですね。

あと、パンやお菓子でいうと、サクッ!パリッ!という食感は、「ショートニング」で引き出されているということです。

 

安いものばかり手を出してしまうと、しっぺ返しがあるみたいですね。

 

マーガリンなんか、「プラスチックを食べていると同じ」と例えられることあります。

 

最初の方にもお伝えした通り、全てを避けるわけにはいきませんので、少しずつできるところから、減らしてみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットをする上でも、身体は口から入るものからしか身体を作りませんので、食べるものには気を配ってもらえるといいと思います。

 

それでは、またお会いしましょう!

 

ありがとうございました!!

 

f:id:freedom-d-freedom:20171205084450j:image